保健室での秘密の授業

第三話

「も、もう一度触るわよ、真綾ちゃん……」  触ってどうなるものでもないと思いつつ、冴子はあらためてそう宣言すると、肉棒へと手を伸ばした。彼女の手のひらの上でだらしなく横たわっているそれは、やはりペニスに他ならないのだろう。何しろ、オシッコ...
保健室での秘密の授業

第二話

 ついに露わとなった少女のパンツをチラリと見て、冴子は逆に戸惑ってしまう。それは自らが想像していたような、低中学年の子が穿くような幼げなものではなかった。デザインからして、真綾の身に着けていたファーストブラと同じシリーズなのだろう。いわゆる...
保健室での秘密の授業

第一話

 年度が替わり、新しい学年を迎えた数日後のこと。うららかな陽気のなか、放課後の保健室に一人の少女がやって来た。 「えっと……、大《おお》鷲《わし》真《ま》綾《あや》さんね。昨日はお風邪かなにかだったの? もう、元気になったかしら?」  ...
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。
タイトルとURLをコピーしました